薬指を見る度に蘇るプロポーズのシーン|恋人が喜ぶ婚約指輪を贈ろう

指輪

晩婚にも最適なペアリング

リング

年代にあったデザイン

結婚指輪を購入する方は、結婚を控えた二人のみならず、長年、夫婦として結婚生活を送ってきた年代の夫婦が購入するケースも福岡では少なくはないジュエリー事情です。仕事を優先する傾向にある福岡の地では晩婚も多く、結婚指輪のデザインにも違いが生じています。一般的なデザインには互いのイニシャルを刻んだり、ハートやクローバーなどの幸せの象徴となる刻印デザインが人気を集めたりする中、年齢を重ねた二人には、年代に適したデザインが支持されています。福岡のニーズにマッチしているのが彫り込むタイプであり、和柄のリングが冠婚葬祭問わず、違和感なく身に付けられる点で人気を集めています。着物や和柄のファッションを好む年代でもあるため、四季の花の彫り模様など、美しい情景が繊細なタッチで彫られている結婚指輪が晩婚世代から人気を集めています。

技術面や素材選び

毎日の生活の中で身に付けておきたいのが結婚指輪で、事情がない限りは外すことがないのも特徴となるジュエリーです。購入する場合においても、ある程度キズがつきにくい素材から選ぶことがポイントで、普段付けすることによって、表面に細かなキズができ、すり減りなどの耐久性に欠けてしまいやすいデメリットが挙げられています。メンテナンスよりも、はじめからキズがつきにくい素材を選ぶことがポイントで、素材はもちろん、強度を増すために厚みを調整することにも気を配る必要があり、貴金属選びの注意点と言えます。またデザインにおいて、福岡で注目されているのがミルグレインで、マテリアルを打刻する装飾技法が用いられています。しかしながらミル打ち技術の良し悪しも職人によって違いが生じやすく、千の粒の縁起かつぎで加工したい場合、職人の技術面にもこだわる必要が挙げられています。